« 雨の御堂筋でルエダ | トップページ | 劣化サルサ人 »

おばちゃんの肌見せ心理

豊胸手術した人って
おっぱいを強調した服着たがるよねえ。
あれって、せっかく作った「作品」だから
見せずにおれなくなるらしいよ。


というような会話をこないだ女子同士でした。


サルサを始めたころ、
あれはサンバのパフォーマンスだったかな。
Tバックの極小ビキニで踊る、
けっこうな年齢らしいおばさんの姿に衝撃を受けた。


恥ずかしくないのだろうか、と。


だがあれから10年。
今、そのおばさんの気持ち、すっごくわかるwww


恥ずかしくなんかないのだ。


サンバの衣装がこうだから仕方ないの、
サンバ好きだもん、この衣装もほんとはイヤでしょうがないけど、がんばって着るわ。
なんて後ろ向きな気持ちでは決してないと推測する。


というか、むしろ見てほしいに違いない。
これだけがんばって維持してる体を。


下着のワコールの研究によると、
女性の体、バスト、おなか、ヒップはすべての人が同じ順序で変化していくけど、
その始まるスピードはそれぞれで、
いったん崩れてしまうともう元には戻らないらしいからね。

体型を維持するって、ほんっと大変なんだよーーー。


加齢に加速がつく30代後半以降、
太り過ぎを阻止する適度なダイエット、
落ちる一方の筋肉量を維持する筋トレ、
固くなっていく体のふしぶしをほぐすストレッチ、
これらをちゃんとしてるかどうかで、ものすごく差がつく。


つまり、あのおばちゃん、相当がんばって
自分の体を「つくりあげてた」人だったんだと今ならわかる。



たぶんね、地道にコツコツ、
そりゃあもう、たゆまぬ努力を続けてきたと思うよー。


というわけで、
あのおばちゃん年齢になった私が
背中のぱっくり開いた服を着たところで
なーにが悪い?(笑)


お願いです。
見かけたら、そっと目をつぶって
見逃してやってください(苦笑)



|

« 雨の御堂筋でルエダ | トップページ | 劣化サルサ人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おばちゃんの肌見せ心理:

« 雨の御堂筋でルエダ | トップページ | 劣化サルサ人 »