« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

サルサ界の高学歴問題について

いやいや、前から気づいてたんですけどね。

でもって、なんでそんなに多いんかと不思議でしようがなかった。

一見、ただの浮かれてる彼も
モテたいだけに見える彼も
いつも酔っぱらいなあの人も・・・
実は、ぜんぜん見かけによらず
相当かしこい方々なんだそうじゃないですか。



えーーー○大?
えーーーまた○大?
えーーーーーこの場だけで、いったい何人○大いるん?



そういや、昔、○大サルサ部の創設者って人もいたなあ。



その手の婚活パーティに行きまくってる女子が聞いたら
生唾ごっくんものですよ。



しかも、たいていそういう話は、
世間だと(会社とか普通にスポーツのサークルとか?)
自分でちょっと自慢で言っちゃうことが多い気がするのだけど
サルサ界では自分から言う人はまずいない。
たいていまわりで
「ああ見えて、彼、○大出てるんだってー」
「へー、かしこいんだね!」
みたいな会話が交わされる。
当の本人はそんな噂されてるとは知らないんだろうなあ。



“ああ見えて”という前置きが付くところが
サルサならではなところで^^;


これは私の推測ですが、
けっこうガシガシ真面目に勉強がんばってた人ほど
対極な世界に身を置きたがるんではないかなと。
でも生来凝り性なものだから、
知れば知るほど深いサルサの世界に
ぴったりとハマって、どっぷりつかってしまうんじゃないかなあ。



それと、「サルサあるある」で
高学歴の人と同列で多いのが英語しゃべれる人ね。



サルサ場には外国人が多いからっていうのはあると思うけど。
えー日本人って、英語苦手なんじゃなかったっけ?
みんなめちゃしゃべれるやん
って、外国人が誤解しちゃうほど、
けっこうペラペラ対応してて驚く。



こう考えると、
高い教育を受けて、世界への関心も高い男女が、
そんなこんなをおくびにも出さず
ただ踊ることで、コミュニケーションをとってるんだからおもしろい。



まぁ学歴はともかく、
どんな仕事をしてる人が多いのか、興味があるな〜。
誰か統計とってくれへんかな。
探偵ナイトスクープに依頼しようかしらん(笑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »