« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

街角ルエダ、はじまる。



ことの発端は、かれこれもう5年前。

女子ルエダ部の初パフォを前に、
度胸試しで、当時練習してた京橋のスタジオの帰り、
JRと京阪の間の広場でゲリラルエダをしたことだった。
(その様子は、「ガタンゴトンとゲリラルエダ」に書いてます)

その時の映像は残ってないけども、
それはまあ楽しくて♩

最近のフラッシュモブの流行を目にするにつけ
ルエダでまたゲリラしたい〜〜!
と密かにプランを練ってたのでした。

YouTubeで見るフラッシュモブは、そりゃあ完成度が高くて
プロのダンサーさんや、めちゃめちゃ上手なダンスチームのばかりで、
ちゃんとストーリーがあって、すごく引き込まれる。

どうせなら、そんなかっこいいのでなくっちゃ。
と最初は鼻息荒く、キューバンの先生陣に出演を
お願いしよう(自分はもちろんやらない方向で^^;)と思っていた。



それに、いろんな人種の人がいたほうが国際色豊かで
ルエダの魅力が伝わるし、何よりかっこいい!と思い、
外人の友人が多そうな人にもじわじわと声をかけてみた。


何人かは、おもしろそう!やるよ〜と反応してくれたのだけど、
いざ、じゃあ実際にやるとなると、なかなかねえ。
仕事の都合や、海外修行に行ってしまったり、
え〜ほんとにやるの?って空気になったり^^;;
そんなこんなで、一人ずつの役柄や衣装、
ストーリーまで勝手に妄想してたけど
やっぱり無理か〜〜調整役もそうとう大変そうだしな〜〜と
一旦あきらめそうになってた。


ところが!
私の戯言にちゃあんと耳を傾け、
協力するよと背中を押してくれる人がいて。
飲み会のついでとはいえ、みんなノリよく楽しんでくれたおかげで
こうしてついに形になったのですよ〜。
お酒の力はホント偉大だ!ww
しつこく言い続けてホントよかった〜〜^^


fbでの大勢の反応がうれしい!
やってみたいという声や、「街角ルエダ」というワードも、
最初に思ってたような完成度の高いものだったら出てこなかったろうと思う。
今どきの地方回帰の波にも乗ってるしね、と自画自賛^^


あ、でもイントラ編とか、女子ルエダ編とかも
あってもいいかも〜(また妄想ふくらんできた〜)


とりあえず小さな種だけど、蒔くことができた。
これからあちこちの街角で
いろんなルエダの花が咲くといいな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リズム感という壁

”リズム感とノリは違う。”


たまたま見つけた
つんくのリズム論 (ちょっと古い記事だけど)
のなかで書かれていたこの言葉に、
なるほど、だからか!と膝を打った。



自慢じゃないが、今までノリだけで踊ってきて
それでまずまず不自由はしなかった。
ところがこのところ、いろいろ限界を感じると思ったら、
ノリ=リズム感じゃなかったのか〜。



適当にノリで体を動かすのと
ちゃんとリズムどりして体動かすのは根本的に違うのね。
ダンスのキレって、つまりはそこで違いが出るのねえ。



リズムにきちんと合わせず、ノリでキレを出そうとするから、
たいてい早取りになってしまうんだな。



”リズム感と「ダンスが踊れる」とは別だ。”

”リズム感を理解してダンスレッスンをすると、
日本人離れした表現がダンスでできるようになる。”


ともある。

ふーむ。。
なんて奥が深いんだ、つんく。


”リズム感は反復練習することによって鍛えられる。”


そうなの?こんなシニアでも?
そっかー、だからwiiのリズム天国を監修したのね、つんくー。


すごいぞ、つんく。
よーし、子供のwiiを借りて練習だ〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踊りたい男 Vol.6

生で一目見たい!

ずっと踊りを眺めていたい男、Maykel Fontsさま♡
ついに登場ですわ^^

キューバンの曲を、女性に合わせてON2で踊るFontsさま。
緩急つけた動きがキレキレでかっこいい!

足が止まってても、体のリズムが途切れなかったら、それはダンス。

と、どっかのダンサーさんが言ってたけど、
Fontsさまの足はしょっちゅう止まる。
けど、体中に流れるリズムが見えるよう。
その間がたまらん〜〜
自由すぎる〜〜〜かっこいい〜〜〜

たぶん目の前で見たら、うっとり茫然自失。
もしももしも踊ってもらったら、
どうすりゃいいか困って、まっさお茫然自失。
間違いない! ^^;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

理想のサルサカップル

って、どんなんやろな〜?

先日のパーティで、サルサカップルのミニ結婚式みたいなのがあった。
その2人は、すでに出会ってからサルサを一緒に始めたらしいけど。

同じ趣味を楽しめる人をパートナーに選びたい、
という人はやっぱり多いんだろか。


「サルサで探してもあかんわ」
と自嘲的に言う人も、なんやかや言いながら
夢は捨てきれてないんではないかと。
あちこちに顔出す理由は、ただサルサが好きというだけじゃないよね、
とつい思いながら眺めてしまう。


サルサカップルも、やっぱり結婚してないと
危うさがハンパなく^^;
こないだ別れたかと思うと、今度はそれぞれ違う人といたり。
狭い世界だから元カレ、元カノが同じフロアで
離れてたりすると、今どうなってるのかハラハラする(大きなお世話か。。)

だって、それによって誘い方も違ってくるし。
今だれとどうなってるのか、IDカードでもぶら下げといて欲しいわ。



その点、サルサ婚カップルは、まわりが安心(笑)
たいてい束縛し合わないみたいだし、お互い誰と踊っても平気そう。
お互いのサルサ熱の違いは、カップルによっていろいろのようだけど
同じぐらいの熱量がやっぱりベストカップルなのかしらん。



婚活がんばってる子のこと言っといて何ですが^^;
やっぱり普通にうらやましいぞ、サルサカップル。



あ、でも私の統計によると
サルサカップルはほぼ100%、男性は女性の尻に敷かれてるとみました^^
サルサ女子は強し!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »